中高年の婚活はどうしたらいい?

お見合いサイト 中高年

若いころに生涯独身を貫くと誓った方たちも、中高年世代に差しかかると「老後を一緒に暮らせるパートナーがほしい」という想いが強くなります。一般的に中高年の年代からの婚活は非常に難しいものがあります。

 

しかし、さまざまな技術が発達した現代では、インターネットを使って自宅から婚活に取り組むことができます。

 

特に中高年世代の方におすすめしたいのがお見合いサイトです。今回は中高年世代の方が利用すべきお見合いサイトの紹介や、中高年世代に役立つ婚活情報などを徹底解説します。

 

 

 

中高年におすすめのお見合いサイト5選を解説!

早速ですが、中高年の方が登録しておくべきお見合いサイトを5つまとめましたのでご紹介していきます。離婚経験者や子持ちの中高年世代の方も、気分よく婚活が取り組める環境が整っていますので積極的に活用していきましょう。

 

マッチ・ドットコム
マッチ・ドットコム

1995年に運営を開始したマッチ・ドットコム。お見合いサイトのパイオニアとして、現在では世界24ヶ国、15言語でサービスを提供している世界的に有名な超大型サイトです。日本国内の会員数も250万人以上いるため、パートナー候補が少なくなる中高年世代でも、スムーズに婚活を進められるのが大きな強みです。

 

マッチ・ドットコムではAIが会員の好みを学習してくれますので、より自身が希望する条件に合ったパートナー候補を見つけやすくなっています。マッチ・ドットコムは男性だけではなく、女性も有料となりますので、結婚や恋愛に対する本気度がきわめて高い男女が集まっているのも魅力的です。

 

 

無料会員 無料
無料会員 3,980円(税込)
基本プラン 3ヶ月会員 2,793円(税込)
基本プラン 6ヶ月会員 2,467円(税込)
基本プラン 12ヶ月会員 1,750円(税込)
バンドルプラン 3ヶ月会員 3,267円(税込)
バンドルプラン 6ヶ月会員 2,700円(税込)
バンドルプラン 12ヶ月会員 2,200円(税込)

 

>>マッチ・ドットコムの公式サイトはコチラ

 

 

マリッシュ(marish)
マリッシュ(marish)

 

雑誌にも掲載された安心、安全な優良お見合いサイトのひとつがマリッシュ(marrish)です。このお見合いサイトは、代表が公言しているとおり、結婚願望が強い人が多数登録しているのが大きな強みです。また、再婚希望の会員も約6割ほど登録しています。つまり離婚を経験している方や子ども持ちのシングルマザー、シングルファザーが婚活に取り組みやすいお見合いサイトということです。

 

実際にマリッシュでは運営側がシンママ、シンパパ、再婚希望者を優遇するプログラムを提供するなど、離婚経験がある男女を支援する体制を整えています。離婚経験者や子持ちの方というのは、相手によっては恋愛対象や結婚対象として見られないことがあるため、何かと引け目を感じてしまいがちです。しかし、マリッシュはシンママ、シンパパがイキイキと婚活に取り組める環境ですので、離婚経験が多い中高年世代もストレスを感じることなく、素敵なパートナー探しを行うことができます。

 

有料会員(男性のみ) 2,980円(税込)
プレミアムプラン(男性のみ) 2,500円(税込)

 

 

>>マリッシュ(marish)の公式サイトはコチラ

 

華の会メールBridal(ブライダル)
華の会メールBridal(ブライダル)

 

 

中高年が選ぶ恋愛コミュニティサイトで第1位を獲得した華の会メールBridal。公式サイト内に「30歳未満の方のご利用はご遠慮願います」と記載されているように、華の会メールBridalは、30歳以上の男女が集うお見合いサイトとなっているため、中高年世代が婚活に取り組みやすい環境が整っています。

 

また、料金の支払い方法は近年主流の月額制ではなく、ポイントを購入してコミュニケーションをとっていくことになります。

 

このような理由から、華の会メールBraidalは「婚活に取り組めない時期に月額料金を支払うのは嫌だな」と感じている方にもおすすめです。男性が登録すると、150ポイント(1500円分)がプレゼントされますので、お試ししやすい仕組みも整っています。

 

掲示板に投稿する 10ポイント(※1日1回無料)
女性の投稿メッセージを見る 2ポイント
女性のプロフィールを見る 2ポイント(※初回閲覧から60日間は0ポイント)
女性の画像を見る 6ポイント
女性へメール送信 10ポイント
女性からのメール受信 0ポイント
女性からのメールを見る 2ポイント(※開封済みのメールは0ポイント)
送信メールの既読チェック 25ポイント
足跡履歴の削除 2ポイント
ピックアップ枠への掲載 30日間10ポイント
プロフィール変更 0ポイント

※1ポイント=10円

 

 

>>華の会メールBridal(ブライダル)の公式サイトはコチラ

 

 

 

Pairs(ペアーズ)
Pairs(ペアーズ)

 

会員数約1,000万人、毎日約2,000人の方が登録しているPairs(ペアーズ)。40代〜50代以上の会員も約70万人が活動中とされているため、中高年世代の婚活もスムーズに進みやすいという特徴があります。

 

Pairsには高度な検索機能が付いており、自身が希望する条件に合ったお相手を見つけやすいのがメリットです。また、コミュニティ機能が搭載されており、趣味などが同じ人と容易につながりやすいという利点があります。現在、約2万のコミュニティが存在していますので、ちょっとマニアックな趣味などを持った人とも出会える可能性があるでしょう。

 

有料会員(男性会員限定) 3,480円(税込)
プレミアムオプション(男性会員限定) 2,980円(税込)
レディースオプション(女性会員限定) 2,900円(税込)
プライベートモード 2,480円(税込)

 

 

>>Pairs(ペアーズ)の公式サイトはコチラ

 

 

 

ユーブライド
ユーブライド

 

2018年の成婚退会者2,442人、累計会員数174万人を突破したユーブライド。ユーブライドは会員数の多さも魅力的ですが、高度なセキュリティ体制を整えるなど、利用者が安心してパートナー探しをできる環境作りに力を入れています。年齢認証はもちろんのこと、専門スタッフによる24時間の監視体制で不正行為や迷惑行為の撲滅を図っています。

 

また、ユーザー側も不審者や迷惑行為を行う者がいた場合は、ブロック機能を使って相手を拒否することができます。そのため、ストレスのかからない婚活を希望する方にはおすすめのお見合いサイトといえるでしょう。結婚を希望する会員が多く集まっており、男女とも有料制ですので、遊び目的の会員とは連絡を取りたくないという方にはぴったりです。

 

無料会員 無料
スタンダードプラン 2,400円(税込)
プレミアムオプション 2,980円(税込)

 

 

>>ユーブライドの公式サイトはコチラ

 

 

 

 

 

中高年の婚活市場が活発化している4つの理由

実は今、中高年の婚活市場が活発化していることをご存じでしょうか?一般的に40代以降の中高年世代は、すでに結婚や出産を経験しているのが当たり前という風潮があります。

 

では、なぜ現代社会では中高年世代の婚活市場が活発化しているのか?ここでは中高年の婚活市場が賑わっている理由を4つまとめましたので解説します。

 

晩婚化

お見合いサイト 中高年

最近は各メディアでも「晩婚化」という言葉がよく使われるようになりました。晩婚化とは平均初婚年齢が高くなっていく現象のことを指します。

 

厚生労働省によると平成2年の平均婚姻年齢は、「夫婦とも初婚」の場合、夫28.2歳、妻25.6歳となっています。
そして平成27年の平均初婚年齢は、夫30.7歳、妻29.0歳となっており、25年の間に男性は約2年、女性は約3年〜4年ほど初婚を経験する年齢が遅くなっています。
【参考】厚生労働省「平成28年度 人口動態統計特殊報告 「婚姻に関する統計」の概況

 

現在は男女ともに独身の時代が長くなっている傾向にあります。上記の厚生労働省の調査結果は、あくまでも平均年齢であるため、30代で結婚できる方もいれば、中高年世代と呼ばれる40代以降でも独身という方が増加傾向にあります。

 

近年はひと昔前と比較すると、女性の社会進出も増えており、経済的にも1人で生活費を確保できていることが多いです。そのため、「結婚を最優先する必要がない」という考えを持つ女性も増加し、結果的に晩婚化が進む要因につながっています。

 

中高年世代の未婚率上昇

お見合いサイト 中高年

前述の初婚年齢の高齢化と似ていますが、最近は中高年世代の未婚率が大幅に上昇している傾向にあります。

 

内閣府が公表している資料によると、50歳時の未婚割合は平成2年の段階で男性5.6%、女性4.3%となっていましたが、平成27年は男性23.4%、女性14.1%に跳ね上がっています。
【参考】内閣府「3 婚姻・出産の状況 低下傾向が続く婚姻件数、婚姻率

 

この調査結果からもわかるように、近年の中高年世代は結婚をしない、もしくは結婚をしたくてもできない状況にあります。

 

結婚をしたくてもできない状況にある中高年世代が増加したことで、最近は婚活やお見合いサービスを提供する企業、団体も増えてきました。これが現在、中高年の婚活市場が活発になっている大きな要因です。

 

離婚の増加

お見合いサイト 中高年

現代社会はライフスタイルや結婚に対する考え方の多様化により、離婚を選択する夫婦も目立つようになってきました。

 

平成7年までの離婚件数は年間で20万組以下でしたが、平成8年からは毎年20万組の夫婦が離婚をしています。特に平成24年には、昭和22年以降で最多となる28万9,836組の夫婦が1年の間に離婚を選択しています。
【参考】厚生労働省「【統計表】第1表 人口動態総覧の年次推移

 

離婚は一般的に30代以降の夫婦に見られることが多く、しばらくはシングルマザー、シングルファザーとして仕事や子育てに励む方も少なくありません。

 

しかし、中高年世代に入りかかるころになると、将来や老後のことも考えて、再婚を希望する方も多くなります。このような再婚を希望する層が増加したことも、中高年のお見合いや婚活サービスが活発化している要因です。

 

少子化

こちらも2000年代に入ってから社会問題になっている出来事のひとつです。現在の日本は65歳以上の高齢者が増加傾向にあり、反対に新しい命が誕生する数(出生数)が減少傾向にあります。厚生労働省の資料によると、年間出生数は以下のようになっています。

 

出生数
昭和60年 143万1,577人
平成7年 118万7,064人
平成17年 106万2,530人
平成25年 102万9,816人
平成26年 100万3,539人
平成27年 100万5,677人
平成28年 97万6,979人

 

【参考】厚生労働省「第3表 出生数の年次推移

 

お見合いサイト 中高年

ご覧のように昭和60年の出生数約143万人と比べると、平成に入ってからの出生数は大きく減少しています。特に平成28年は統計が始まった1899年以降で最も少ない出生数であり、史上初めて100万人を割り込みました。

 

このままだと将来の日本の人口などにも大きな悪影響を及ぼすため、政府は現在さまざまな少子化対策に取り組んでいます。そのうちのひとつが国や各都道府県が提供する結婚支援サービスです。

 

この結婚支援サービスでは、結婚を望む方をターゲットにしたキャンペーンやお見合いイベントを開催するなど、未婚の男女の婚活を幅広くサポートしています。

 

結婚の支援方法やイベントの内容などは、政府や各都道府県により異なりますが、中高年世代になると自分の周囲だけでは、パートナー候補が見つからないことも多いです。

 

そのため、中高年世代の中には、国や都道府県などの公的な機関が提供するサービスを利用しながら新しい出会いを探す方もいます。

 

中高年の婚活にお見合いサイトをおすすめする3つの理由

結婚や出産をすでに経験していることが多い中高年世代の方が、素敵なパートナーを見つけるのは決して簡単なことではありません。

 

当サイトでは中高年の方が婚活に取り組むときは、お見合いサイトを利用することを推奨しています。ここではお見合いサイトを勧める理由を3つまとめましたのでご覧ください。

 

料金がリーズナブル

お見合いサイト 中高年

お見合いサイトの大きなメリットは、料金がリーズナブルということです。前述のように最近は政府、各都道府県、民間企業などが、独身男女の婚活を支援するサービスを多く提供しています。

 

特に民間企業が提供する婚活サービスの中で代表的なのは、結婚相談所です。結婚相談所には結婚、お見合い、恋愛の知識を備えたプロのカウンセラーが在籍しています。そのため、婚活を進める中で、悩みや迷いが生じたときにはさまざまなアドバイスを受けられるのが大きな強みです。

 

しかし、結婚相談所の大きなデメリットは、高額な費用が発生しがちという点にあります。結婚相談所の料金は基本的に入会金、月額料金、お見合い料金、成婚料などで構成されています。そしてこれらにかかる費用の相場は約20万円〜60万円です。月額料金も1万円〜2万円が相場となりますから、婚活がスムーズに進まない場合は経済的にも大きなダメージを受けることが予想されます。

 

一方のお見合いサイトは、1ヶ月にかかる料金が約3,000円〜4,000円ほどです。年間で見ると3万6,000円〜4万8,000円ほどとなります。一例として月額料金1万5,000円の結婚相談所に登録すると、1年間で18万円の費用が必要になります。

 

このようにお見合いサイトと結婚相談所では年間にかかる費用が大きく異なるため、「できるだけ費用をかけずに、婚活をしたい!」という方には、お見合いサイトがおすすめです。

 

ちなみにお見合いサイトでは、結婚相談所のように成婚料を支払う必要はありません。一般的に結婚相談所の成婚料は、約5万円〜20万円ほどかかるといわれています。

 

素敵なパートナーを見つけたのに、成婚料で大きな費用がかかるのはうれしさが半減してしまうという方も多いでしょう。お見合いサイトは素敵なパートナーを見つけたあとは、無料で退会することができますので、非常にコスパが高いサービスといえます。

 

自分の好きな時間・タイミングでパートナー探しができる

お見合いサイト 中高年

お見合いサイトは、その他の婚活サービスと違って自分の好きな時間、タイミングでパートナー探しを行うことができます。お見合いサイトと同様、料金がリーズナブルな婚活サービスに、婚活パーティーやお見合いパーティーなどがあります。

 

婚活パーティーは結婚を希望する男女が指定された会場に集まり、さまざまな人とコミュニケーションを取りながら、パートナー候補を見つけていくサービスです。前述のように婚活パーティーにかかる1回の料金は安く、男性で約3,000円〜7,000円、女性で約1,000円〜5,000円ほどで参加することができます。そのため、資金面で悩みがある男女でも気軽に申し込めるのが婚活パーティーの魅力です。

 

しかし、婚活パーティーの場合は、指定された会場に足を運ばなければなりませんし、1時間〜2時間の短い時間の中でパートナー候補を探し出さなければなりません。これは自分の好きな時間、タイミングでじっくりとパートナー探しを行いたいという方にとっては、大きなデメリットとなります。

 

基本的に婚活パーティーは1回きりのイベントですので、気になるお相手を見つけても、時間内に興味を持ってもらうことができなければ、その後の進展は難しくなります。コミュニケーションが得意な方であれば、婚活パーティーの時間内で仲良くなることは可能かもしれませんが、話すのが苦手な方や異性経験が少ないという方などには非常に難しいことです。そのため、時間制限などを気にすることなく婚活に取り組みたい方は自宅でもできるお見合いサイトを利用することを強くおすすめします。

 

パートナー候補が多い

お見合いサイト 中高年

お見合いサイト3つ目のメリットは、パートナー候補となるお相手が多いということです。お見合いサイトは基本的に日本全国の男女が登録してくるため、ご近所さんだけで進める婚活と比べると、より早い期間で素敵なパートナーを見つけられる可能性が高いです。

 

どんなに外見が整っている方でも、どんなにキレイな心を持っている方でも、パートナー候補となるお相手が少ない場所で婚活をしていたのでは、なかなか良縁に恵まれることはありません。ましてや中高年世代の場合は、若年層世代と比較すると、ただでさえ独身の男女が少ない状態です。婚活を成功させるには、独身の男女が多く集まる場所で活動を行うことですので、全国の男女が登録するお見合いサイトは非常におすすめです。

 

中高年世代がお見合いサイトを選ぶときに意識しておきたい4つのポイント

前述のようにお見合いサイトは、非常に多くのメリットがあるため、中高年世代の婚活にも良い影響をもたらします。しかし、目についたお見合いサイトにやみくもに登録しても、良い結果を得ることはできないでしょう。

 

中高年世代の方がお見合いサイトを利用するときは、「中高年世代に合ったお見合いサイトに登録すること」です。ここでは中高年の方がお見合いサイトを利用するときに、意識しておきたいポイントを4つご紹介します。

 

中高年の男女が多いお見合いサイトに登録する

これはどの年代の婚活にもいえることですが、お見合いサイトを利用するときは、同世代の会員が多いところを選ぶようにしましょう。基本的に男女が結婚相手に希望する年齢差は、男性が同い年〜5歳下ぐらいまで、女性が同い年〜5歳上ほどまでです。

 

やはり年齢差が近いと、話の内容もわかりあえることが多いですし、すんなりと相手のいっていることを理解することができます。コミュニケーションを取っていて、話の内容がまったく噛み合わなかったり、理解できなかったりすると、お互いに「何か違うな…」「つまらないな…」といった感情を抱く可能性も高くなります。

 

そのため、婚活を行うときはできるだけ同年代の方にアプローチをかけていったほうが、上手く進みやすいです。お見合いサイトの場合は、単純に会員数が多ければ、中高年の年代の方も多数登録している可能性が高いです。

 

また、中高年向けのお見合いサイトもありますので、スムーズな婚活を希望する方は、これらのサイトを優先的に利用するようにしましょう。

 

安心・安全に利用できるお見合いサイトに登録する

お見合いサイトでトラブルのない婚活を実現するなら、セキュリティ体制が万全なところを選ぶようにしましょう。お見合いサイトは、国の法律にしたがって入会時に年齢確認をします。この年齢確認では免許証や保険証などの身分証明書を提示しなければなりません。

 

住所、名前などの個人情報が記載された身分証明書を送信するため、個人情報漏えいなどが起きないような安心、安全なサイトを利用することは必須です。これは仮に個人情報が漏えいした場合、悪用される可能性もあるためです。

 

また、お見合いサイトでの婚活をスムーズに進めるなら、会員の質にも気を配っておく必要があります。と、いうのも評価が低いお見合いサイトの中には、サクラや結婚以外の目的で登録している会員もいるからです。仮にサクラとメッセージのやり取りをしても、絶対に出会えることはないため、その分だけ時間やお金を失うことになります。

 

また、結婚以外の目的で登録している会員も少なからずいます。具体的には体の関係のみを求める会員、いわゆるヤリモク(ヤることが目的)のことです。体の関係のみを求める会員は、サクラと違って出会えることもありますが、相手は最初からまじめなお付き合いを考えていないため、こちらも時間のムダとなります。

 

大手のお見合いサイトや老舗のお見合いサイトは、24時間365日体制でサイト内のパトロールを行っていることが多いです。もちろんパトロールを強化しても、サクラやまじめな出会いを求めていない会員をゼロにすることは難しいです。

 

しかし、セキュリティ体制が万全なお見合いサイトは、怪しいところがある不審者に対しては強制退会の措置などを取っており、評価の低いお見合いサイトよりは出会える確率が大幅に高くなっています。

 

トラブルのない婚活を希望する方は、セキュリティ体制が万全な大手、老舗のお見合いサイトを利用するようにしましょう。

 

中高年の婚活を支援するお見合いサイトに登録する

中高年の男女が多く集まるお見合いサイトには、中高年を支援するサービスを提供していることがあります。具体的には中高年世代に多い離婚経験者を優遇するプログラムが用意されていたり、30代以上の男女限定といったお見合いサイトが該当します。

 

また、中高年の婚活を支援するサービスが提供されていなくても、サイト内の「利用者の声」などのコーナーで中高年世代の感想などが多く掲載されていることもあります。このようなお見合いサイトは、中高年でも出会いやすい可能性が高いため、注目しておきましょう。

 

前述のように中高年世代は、ただでさえ独身の男女が少ない年代ですから、お見合いサイトの中高年優遇サービスなどをフルに活用して、素敵なパートナーを見つけていきましょう。

 

中高年世代が婚活を進めるときに意識しておきたい2つのポイント

安心、安全な優良お見合いサイトを選ぶことができれば、素敵なパートナー候補に出会える確率は高まります。ただし、お見合いサイトはあくまでもパートナー候補を紹介するだけのツールに過ぎません。

 

仮にお見合いサイトでのコミュニケーションが上手くいっても、実際のデートで失敗すれば、またゼロからのやり直しになります。失敗を何度も繰り返していると、モチベーションも低下してくるため、できることなら少ない回数で成婚という目標を達成したいものです。ここでは、中高年世代が婚活を進めるときに意識しておきたいポイントを2つまとめましたのでご覧ください。

 

清潔感のある身だしなみ・外見

お見合いサイト 中高年

お見合いサイトで実際に会う約束をしたお相手ができたら、次はデートの日に向けてしっかりと準備をするようにしましょう。特に男女ともに注意しておきたいのが身だしなみや清潔感です。

 

どんなに男前な男性でも体臭や口臭が不快なものだと、お相手も嫌な気分になりますし、どんなに美しい女性でも髪の毛がボサボサだと、その魅力も半減してしまいます。

 

そのため、デート当日は清潔感のある身だしなみを強く意識して準備をするようにしましょう。シワやシミがついたシャツ、手入れを施していないヒゲ、年齢に合わない肌を露出した服装などはもちろんNGです。

 

気になる相手がいたら積極的にアプローチをかけていく

お見合いサイト 中高年

お見合いサイトでパートナー探しをしていると、「どの人にコンタクトをとってみようかな?」と悩む方も多いでしょう。このような気持ちは大変理解できますが、1日でも早く結婚を希望する場合は、少しでも興味があるお相手がいたら積極的にアプローチをかけていくことが大切です。と、いうのも婚活というのは相手を絞っても上手くいく可能性が低いからです。

 

ある大手の結婚相談所が調査したデータによると、40代男女の平均お見合い回数は約15回〜25回ほどとなっています。つまり1回や2回のお見合いでは、結婚できる確率は非常に低いということです。

 

結婚は今後、同じ家で暮らす相手を探すわけですから、より理想に近い相手に絞ってアプローチをかけたいという気持ちを持っている方もいるでしょう。しかし、婚活市場はライバルが非常に多くいるため、本命の方と上手くいく保証はどこにもありません。逆に本命の方に集中しすぎると、周りはどんどん結婚していき、最終的に自分だけが取り残される可能性もあります。

 

結婚は年齢が上がれば上がるほど、難しくなるのが一般的です。中高年世代の方は、20代、30代の世代と比較しても、より短期間で素敵なパートナーを見つける必要があります。

 

このような理由から、お見合いサイトを利用するときは「ちょっとでも気になったらアプローチをかけてみよう」という意識を持つことが大切です。

 

まとめ

お見合いサイト 中高年

今回は中高年の方におすすめのお見合いサイト5選を解説しました。最近は晩婚化、中高年の未婚率上昇などの影響で40代以上の方の婚活市場も活発になってきています。

 

そのため、中高年世代に該当する方は、今まじめに婚活に取り組むことで素敵なパートナーと巡り会える確率が高くなります。

 

そして自分のペースで婚活に取り組みたい、費用をかけずに婚活を進めたいという方などは、安心、安全なお見合いサイトを有効活用していきましょう。現在、結婚を考えている中高年世代の方は、ぜひ参考にしてください。

 

Update Record